「7点の女」が1番モテるタイプ「10点の女」は不幸しか運ばない

「7点の女」が1番モテるタイプ「10点の女」は不幸しか運ばない

あなたは「7点の女」の話はご存知でしょうか。マンガ「アフロ田中」で登場した話です。

簡単に説明しますと、男は美人過ぎる女性にはプレッシャーを感じて手を出しづらい。だからと言って、ブスにはそもそも手を出さない。そこで「7点の女」(10点満点)が活躍するんです。

相手にプレッシャーを与えるほどの美人ではないが、決してブスではない。男に安心感を与え、酒の場では酔ってくると、かわいく見えてくるのが7点の女。コレが男に1番モテるタイプである。

これが「アフロ田中」で話になった7点の女です。

 

男は「10点の女」を口説けない

本当ねコレ凄い分かるんですよ。男って生き物はみんなキレイな人が好きなんです。そりゃさ、目の前に「10点の女」佐々木希が居たら飛びつきたいですよ。

しかし、実際に目の前にいたらどうですか!?『あわわわわ』と言って目も合わせずにスマホをいじりだしますよ。

そりゃ俺が伝説のホストなら『山手線のように君の中をグルグル回りたい』とか言って口説きますよ。うまい口説きモンクを言ったつもりがなんか違うぞ。だけど普通の男性はそんな口説き文句を言えないんです。

「10点の女」が生む悲劇もある

例えばですよ。合コンに佐々木希が来たと想像してみてくださいよ。

「10点の女」だからフリートーク時はプレッシャーで誰も話しかけないクセに、王様ゲームでは1つの唇を多くの男性が狙うんですよ。男性陣は互いに「だまし合い」「奪い合い」そして「足の引っ張り合い」が始まるんです。

次のような悲劇が安易に想像できます。

タケシの恋愛ストーリー

佐々木希を目の前にして始まる王様ゲームにみんな興奮を抑えきれない。そんな中1人「タケシ」だけは隣に座っている親友「ケン」の事を気にして、浮かない顔をしていた。

タケシとケンは小学校の時からの幼馴染で、中・高・大学まで一緒の学校だ。そんな2人だが、タケシは普段から気にしている事があった。それはケンに対する気持ちである。

ケンは活発でいつもクラスの中心にいるタイプ。その為、女性にモテるのだがタケシはそれを見て、胸が押し潰される苦しみを感じていた。そうタケシはケンに恋心を抱いているのだ。

『男性に感情を抱くことに常識が邪魔をする。だけど抑えきれない気持ちにもうウソはつけない。今日この合コンが終わったらケンに気持ちを伝えてみよう。ケンになんて思われるか分からないケド、溢れ出す感情をぶつけたい。』

1人の恋をぶち壊す佐々木希

そんな純愛感情を抱えてるタケシ君がいるなかね。王様ゲームに佐々木希(10点の女)がいたら、何も知らないケン君はノリノリで王様ゲームしちゃうでしょ!?

既に「10点の女」は場をまどわしているんですよ。『佐々木希!!お前はなんて女だ!!』

しかもね、王様ゲームで「2番(タケシ)が3番(ケン)のホホにキス」って命令にケン君がマジでイヤな顔したからね。タケシ君はケン君に気持ち伝える前に心砕かれたんですよ。もうね何度でも言ってやる!!『佐々木希!!お前はなんて女だ!!』

そう「10点の女」は話しかけづらい他に、このような悲劇を引き起こす恐れもあるんです。「10点の女」恐ろしすぎますよ。

 

「7点の女」の良さ

そこで現れるのは「7点の女」ですよ。

少しの下ネタでも笑ってくれるだろう「7点の女」
ラインIDを聞きやすい「7点の女」
ちょっと口説けば今夜イケんじゃね!?「7点の女」
ココ、割り勘でいいよね?「7点の女」
どうですかこの安心感

全てとは言いませんが「10点の女」は自分が10点の女と分かっているんですよ。その為、無意識に「10点の女」の振る舞いと愛嬌しか出来ないんですよね。

逆に「7点の女」は愛嬌があるしよく笑うんです。笑い方も顔を気にしないで笑うので、ソレがまた安心感になるんですよね。

「10点の女」はテレビに映る顔が崩れないように笑う女優の笑い方。「7点の女」は大阪のおばちゃんのような笑い方。男性は後者の女性との会話の方が弾みますよね。

などなど、主観ではありますが「7点の女」は良いイメージしかありません。「7点の女」の良さ、また「10点の女」の恐怖は分かってもらえたでしょうか。

最後に

色々と書きましたが、問題があるとしたら自分が2点の男ってところかな。