エアコンの暖房が急に止まる現象、原因と対策方法はコレ!!

エアコンの暖房が急に止まる現象、原因と対策方法はコレ!!

東京でも冬の早朝は気温がマイナスになることもある為、暖房器具が手放せないですよね。特にエアコンにはタイマー機能もあり、冬の朝は大活躍です。

そんな頼りがいのあるエアコンですが、ときどき恐怖とも呼べる状況が起こりますよね。それは暖房を効かせた暖かい部屋でリラックスしていると、急に鳴り響くあの音。「ゴオオォォォ…..プシューー…..」からのエアコン停止。あの音は絶望感しかありませんよね。

でも、実は突然止まるこの動作はエアコン側で必要な作業なんですよ。今回は「冬場にエアコンが止まる原因&理由」と「対策方法」を紹介します。

 

原因は室外機の霜

冬場にエアコンが突然止まるほとんどの原因は「室外機に付く霜」です。

暖房を使用していると室外機の背中部分や内部に霜がたまっていきます。その霜が一定量たまるとエアコンが止まるように設定されているんですよ。

外気温が低ければ低いほど霜がたまりやすいので、朝や深夜にエアコンが止まりやすい理由はここです。

止まる理由は霜取り運転

エアコンが止まるときに発する悪魔のような停止音「ゴオオォォォプシューー…..」は恐怖のどん底に突き落とされます。突然の寒さに我が子は「震え叫び」妻は「神に祈り」僕は「発狂」。まさにこの世の終わりですよ。

でも、実はこの停止する動作はとても重要なんです。室外機に霜がついた状態で部屋を暖めるのは効率的ではないと、エアコンが判断し暖房を停止します。

暖房停止後に霜取り運転に切り替わり、室外機に付いた霜を溶かしていきます。10分前後、霜取り運転したあと自動で暖房が起動します。

対策方法

霜取り運転に切り替わり暖房が停止する。例え洋画のように『今回エアコンが停止しなかったら、俺….彼女にプロポーズするんだ』的な感動場面になってもエアコンは容赦なく止まります。

容赦なく突然止まるので寒さが苦手な方は対策が必要ですよね

室外機を高い位置に設置

この方法は主に雪対策です。室外機が雪に埋もれてしまうと、霜が掛かるのと同じ症状を起こします。その為、頻繁に霜取り運転が起動されてしまいます。

東京でも雪が積もることがあります。可能なら室外機の設置場所に高さを持たせるといいですね。

室外機のスペースを広めに取る

室外機周辺のスペースが狭い場合、吐き出した冷たい空気は逃げ場がなく、その場に溜まります。その溜まった冷たい空気が霜の発生率を上げたりします。

ちなみに、Panasonicの公式サイトで室外機の設置条件が記載されています。ココでは簡単に紹介をしますが、詳細を知りたい方は公式サイトをみてくださいね。
———
室外機前面は障害物がない状態で20㎝以上あける必要がある。
また、通風路を確保する為に3方向をあける必要があるが、事情により2方向分しか確保できない場合でも取り付けは可能。ただし、その場合は冷暖房能力・消費電力が10%程度悪化する可能性がある。
原則は前面20㎝以上・側面10㎝以上・背面5㎝以上あける必要がある。
———

他暖房器具を併用する

1番手軽で今できる対策方法です。

暖房が止まる時間は10分前後です。この短時間だけ他暖房器具を使用する方法です。工事・変更の手間もなく、低予算でできるので1番オススメですよ。

冬期1日に2~3回程度、10分間暖房が停止するぐらいの症状に手間もお金も掛けたくないですよね。

サブとして使うモノなので「カセットガスストーブ」や「ガスファンヒーター」のように給油や掃除の手間が少ないモノがいいと思います。

高性能エアコンを検討する

1番効果的な方法です。

寒冷地用エアコンとは、
室外機の凍結防止や熱交換器性能(暖房能力)を向上させ、霜取り運転の頻度を減らした高性能エアコンのことです。

値段は通常のエアコンよりも3~5割増しと高いです。霜取り運転で悩んでいる方は買い替えを検討するのも良いですね。高額ではありますが、快適な冬を過ごすことができますよ。

注意する点は消費電力が上がることです。性能が上がれば必然的に消費電力もあがります。家庭によっては電力を上げる工事(ブレーカー交換)が必要となりますので、ソコの確認もしてくださいね。

やってはいけない対策

「室外機に霜が掛かっているならお湯を掛けて溶かせばいいのでは」このように考えちゃいますよね。

これは本当にやってはいけないことです。お湯が室外機や部品を変形させてしまう可能性があります。また、入ってはいけない場所に水分が入ってしまうこともあるので、お湯で溶かす行為はNGです。

最後に

寒冷地用エアコンを導入すると電気使用状況によってはアンペアを上げる必要(ブレーカー交換)がでてきます。アンペアを上げると月額の電気基本料もあがりますので、それも加味して検討する必要がありますね。

ちなみに、2018年1月現在の東京電力月額基本料は以下の通りです。
10アンペア(A)280円
15アンペア(A)421円
20アンペア(A)561円
30アンペア(A)842円
40アンペア(A)1123円