友人と駅で別れた後にホーム上で対面し気まずい時間に襲われる現象

友人と駅で別れた後にホーム上で対面し気まずい時間に襲われる現象

誰もが1度は経験した事がある恐ろしいあの時間。最近僕はあの恐ろしい時間に襲われました。

そう、遠方からワザワザ来てくれた友人と共に街にくり出し、時間を共有した後に名残惜しくも熱い別れを告げる。そのあとに線路を挟んで上りホームと下りホームで、鉢合わせてしまうあの恐ろしい時間のことですよ。

想像力が豊かなアナタの事ですから、きっと背中がゾクゾクしたのではないでしょうか。このゾクゾク感をもっと感じてもらいますからね。

 

始まりは1通のメッセージ

ある日、自分のスマホに1通メッセージが届きました。以前東京に住んでいて今は地元に帰ってしまった友人からです。内容は東京に遊びに行くので会おうとの連絡でした。

フリーター時代のバイト仲間でお互いに酒好きだった事もあり、意気投合し当時は毎晩飲みに行ったほどの仲です。

酔っ払うと高い所に上りたがる癖がある少し変わった友人で、この写真↑はBBQした際に酔っ払って橋の柵を乗り越えた写真です。そのうち高い所から落ちて大怪我するフラグがたっていますよね。

久しぶりの再開に別れ惜しくなる

そんな友人と久しぶりの再会をし、酒を飲みながら昔話に花をさかせました。パチンコ店員と客が共謀して利益を出した話、大負けした客が席でウ○コをもらした話など、当時を思い出しながら大笑いして楽しい時間を過ごしていました。

ただ、永遠に感じたいこの楽しい時間もいつまでも続ける訳にはいきません。お互い家庭や仕事があるので、どこかで日常に戻らなければならないからです。また再開する事を約束し肩を並べて駅に向かいます。

当分会えない寂しさを感じ、足取りは重くなる2人にキャッチが声を掛けてきます。『お兄さん達、オッパイどうオッパイ』ってもうね、気分台無しですよ。

シカトしているとキャッチは続けて『ニューハーフ風俗もあるよ』ってあんた。友人と2人で居るときにニューハーフ風俗のお店なんていった日には、コトが済んだあとに互い目を合わせられんわ。

 

恐怖の時間が始まる

駅には着いたものの、共に過ごした青春時代の記憶は心の奥底に根深く残っている為、スグに別れることはできません。名残惜しそうにまたボツボツと会話が始まります。

ギリギリまで会話をして何度もまた会う約束をし、自身の生活を頑張ると互いに奮い立たせては硬い握手をします。目の奥にジワッと熱いものを感じながら別れを告げ、お互い上りホーム・下りホームへと別れました。

ココから恐怖が始まる

同じ場所で別れた為ホームへの階段を上がると、線路を挟んで対面する形になるんですよね。最初は少し恥ずかしながらも手を振ったりしているんですよ。

でもね、身振り手振りで出来る事なんて限られているんです。スグにやる事もなくなり、ただお互いを見つめ合うおっさん2人が誕生します。

ココからは一気に気まずい空気が流れます。だってそうですよね。話せる距離でもないし、だからといって先ほどまで熱い会話をしていた相手をシカトする訳にもいかない。何をするでもなく、微妙な距離感で時間だけがゆっくりと過ぎていきます。

先ほどまでは永遠に一緒に居たいと思っていたのに、今ではサッサと電車が来てくれないかと願ってしまう始末。こんな事なら解散直後に行きたくもないトイレに行くフリでもすればよかったと思ってしまうほどですよ。

先ほどまで熱く語らった友人を避けたいとまで思うようになります。こうゆうときって、絶対相手も同じ事思っていますけどね。

酔いに任せて『俺たち絶対ビッグになろうな』みたいな会話をした事も、タイミング悪く思い出してしまい恥ずかしい気分にさせてくれます。

アナウンスが鳴り、電車がやっとくる気持ちから派手目に手を振ったが、通過電車だったので互いに「ハハハ(真顔)」みたいな感じになりました。互いの顔から読み取れたのは絶望感でしたね。でもね、そんな苦痛にピリオドを打ってくれる普通電車が来た時の「別れの笑顔」は本物でしたよ。

最後に

大衆居酒屋に貼られている「ビールのポスター」って、なんであんなに昭和感漂っているのだろうか。