職業訓練校でjavaを33歳が学ぶ④ 毎朝のスピーチ・回避方法

職業訓練校でjavaを33歳が学ぶ④ 毎朝のスピーチ・回避方法

職業訓練校って「スピーチ」があるの?と思ったそこのアナタ。そう、残念ながらスピーチがあるんですよ。プログラム系・WEB系・Office系など学ぶ分野に関係なく、職業訓練校に通う以上必ずある作業です。

スピーチがあるなんて気が重いですよね。僕は入校後にスピーチがあることを初めて知りました。陰キャラ(オタク)なのでクラス30名の前でスピーチなんて、本当にイヤでイヤでしょうがなかったですよ。

しかも、発言の場はスピーチだけではなく、スピーチした人に対して「コメント」を返す作業もある鬼仕様ですよ。

今回は職業訓練校での、人前で発言が必要となる箇所「スピーチ」や「コメント」「日直作業」を掘り下げて記載していきます。そして「スピーチやコメントをしないで済む裏技」も教えますよ。

これから通う予定のアナタ、又は検討中のアナタはこの記事を読んで心の準備をしてください。先に知っているだけで、だいぶ気がラクになると思いますよ。

下記が「職業訓練校でjavaを33歳が学ぶ」関連の記事です。
① 僕のスペック紹介
② 教室や生徒の雰囲気
③ 職業訓練校の授業レベル
④ 毎朝のスピーチ・回避方法
⑤ 出席日数の計算・休む心構え
⑥ 欠席提出書類・サボる方法
⑦ 人付き合いが苦手なアナタへ
⑧ 技術は絶対習得できる!!
職業訓練校の超魅力的なメリットを紹介
こんな低スペック人間でも技術職に就職できるぞ
技術を学んだ職種未経験者は就職先の業務について行けるのか

 

スピーチもカリキュラムの一部

入校初日の説明会で毎朝スピーチとコメント作業があること。又、その作業の必要性も説明されました。

スピーチとコメント作業は厚生労働省からの指示の為、必須項目となっている。今後面接や新たな職場など、人前で話す必要が出てくるので練習をして慣れさせるのが目的とのこと。

スピーチのルール

ルールは簡単。
名前順で毎朝1人が前に出て、与えられたタイトルに沿ったスピーチを3分間するだけ。

スピーチルールを考えた奴はまさに外道!!陰キャラの僕にとってハードルが高い鬼畜ルールですよ。30名の前で発言させる鬼畜ルールは、多くの陰キャラ仲間を戸惑いさせ悩ませてくれました。

スピーチ内容は4つ

・1週目は「自己紹介」
・2週目は「自身の勉強方法を紹介」
・3週目は「未来の自分」
・4週目は「フリートーク」

100億歩ゆずって1週目・2週目・3週目の内容はまだ分かりますよ。4週目のフリートークってなんじゃ。ここは合コン会場か。

もしかしたら時期や地区によってスピーチ内容が変わるかも知れません。ただ、スピーチ作業は確実にありますので、気を抜かないでくださいね。

1週目の1人目~5人目が1番ツラい

1人目~5人目の自己紹介はほぼ罰ゲームですよ。

最初はみんな気を張っているから、全体の空気はピリピリしています。そのうえ、顔見知りもいない状況でのスピーチですからね。例え、海老蔵が灰皿とテキーラを持って教室に入ってきても、誰も笑わないぐらい重い雰囲気ですよ。

苗字が「あ行」の方、僕からは頑張れとしか言えないです。

コメントのルール

こちらもルールは簡単。スピーチ当番が発言したスピーチ内容を聞いて、コメント当番が思ったことを言えばいいだけ。

人前で発言をするのが苦手なアナタ。コメント当番も結構な負担と思った方がいいですよ。

何故なら、スピーチが終わったらスグにコメントする流れとなります。みんなコメント発言を待っているので、教室内がシーンとしているんですよね。その中で声を張ってコメントするんですよ。尋常じゃない汗と緊張が襲ってきますよ。

 

日直も声を張り上げる

スピーチやコメントで既に限界と思っているアナタ。残念ながら「日直」の仕事も1日ずつ名前順で回ってきます。仕事内容は授業開始時間と授業終了時間をチェックして「起立」「礼」「着席」と号令を掛けるだけ。

授業は1日に6限あるので、開始と終了を合わせて12回の号令となります。陰キャラにとってはその号令もキツイ訳ですよ。

みんなが小休憩時間でワイワイと話している教室で、時間になったら聞こえるように「起立」と叫ばなければいけない。考えただけでもヒザがガクガクしてきます。

止められない震えと緊張

スピーチやコメントの当番日が近づいてくると緊張で夜も眠れません。

スピーチやコメントの最中、声が出なくなったら?手や足が震えたら?呼吸が出来なくなったら?支離滅裂な発言をしてしまったら?僕はこのように考えてしまい、逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。

みんな緊張をしているから大丈夫

残念ですが、アナタもきっとスピーチ当日は緊張で支離滅裂な発言をします。さらに言えば手や足が震え、頭が真っ白になりますよ。でもね、安心してください。よく観察するとみんな緊張しているんですよ。当然僕も緊張で支離滅裂な発言をしました。

緊張や失敗は自分だけではないのです。だから、誰もアナタのことを変に思ったりしません。だってみんなも同じような失敗をしているんだから。ゆっくりスピーチをすれば大丈夫です。

発言しないで済む裏ワザがある

スピーチ当番・コメント当番・日直などで発言するのが絶対イヤな方。実は発言をしないで済む裏ワザがあります。それは、当番当日に休んでしまうことです。

③職業訓練校のレベルに記載しましたが、以前に講師の交代があり現在は講師2人目です。

どちらの講師もスピーチ・コメント当番が当日休んだ場合、その日のスピーチ又はコメント作業をナシとしています。日直に関しては自分の番を飛ばされ、次の人に依頼されます。

次に登校したとき、「スピーチ・コメント当番をやらされるのでは」と心配しちゃいますよね。僕のクラスでは当番を休んだからと、別日にやらされることはありませんでしたよ。完全に終わったことにされていました。

講師側も名簿通りに当番を回した方がラクですからね。休んだ人間に合わせ名簿の順番を崩してまで、再度当番にすることなんてしないでしょう。

ただし、講師によりますが自己紹介だけは休んでも後日やらされる可能性があります。その場合は自己紹介だけ何とか乗り切ればあとは逃げきれますよ。

最後に

スピーチで辛いのは1週目だけです。2週目以降は教室の雰囲気も良くなっているので、ラクに発言できると思いますよ。

あまり悲観的にならず、肩の力を抜いてくださいね。