カラオケでアナタも1度は経験しているあの気まずい瞬間

最近のカラオケは多くのアーティストPVが流れてて、歌わなくても聞いてて楽しいですよね。

人数が集まったらカラオケってぐらい、知名度も人気度も高い娯楽ですが実はココにも恐怖が潜んでいる事はアナタは知っていますでしょうか。
アナタも1度は必ず経験しているあの気まずい瞬間のことですよ。
そう。みんなでカラオケに行ったのに、自分の番になったら誰も部屋にいない、恐怖とも取れるあの瞬間です。

「カラオケで脱陰キャラ計画」や「カラオケによくいるタイプ」の話も入れつつ、あの気まずい瞬間に迫っていきます。
(陰キャラ = 暗い・オタク)

以前の記事【友人と駅で別れた後に気まずい時間に襲われるあの現象】のように、「うわぁ….」とさせながら読んでくださいね。

カラオケで脱・陰キャラ計画

 

僕はカラオケが大好きなんですよ。
みんなで同じ空間で音楽で盛り上がるなんて素晴らしいじゃないですか。
この瞬間だけは、僕が無職で無収入でモテない事なんで忘れられるんですよ。

そんな大好きなカラオケですが、陰キャラの僕は誰かを誘ってカラオケに行く事なんてできる訳もなく、誰かに誘われるのを待っているそんな人間です。
ウズウズしてたら最近やっとカラオケに誘われたんですよ。

もうね。嬉し過ぎて「紅」を歌おうと思っています。
久しぶりにカラオケに誘われてテンション上がってるんですよ。
しかも、陰キャラの僕がカラオケで紅を入れて「紅だあああぁぁ」ってシャウトしたらどうですか。
周りからは盛り上げ上手と賞賛され一目置かれるんですよ。その流れで脱陰キャラして明日からは陽キャラになれるんですよ。
そしてね。「X JAPANの紅」を歌った後に「ブリーフ&トランクスの青のり」で笑い曲を挟んで、「GLAYのHOWEVER」で心を揺さぶる。完ぺきな脱陰キャラ計画ですよ。

ちなにみ今回の脱陰キャラを決めた理由は、陰キャラの知人に『お前って陰キャラだよな』って言われて凄くイラッッ!!としたからです。
陰キャラに陰キャラと言われるほどムカつく事はありません。

 

カラオケによくいる尊敬できるタイプ

 

いつも思っていた事ですが、酒もまだ回ってないのにカラオケを最初に歌う人って勇者ですよね。この人のおかげで場は歌いやすい雰囲気へと変わるんですよ。
しかも、今回なんて1番手で歌った人は「お前を蝋人形にしてやろうかあぁぁ」って叫びながら、知名度低めの聖飢魔Ⅱを歌ってて尊敬モノでしたよ。20代の子たちなんて『聖飢魔Ⅱ?なにそれ?』って感じで知らないんですから。
20代のある1人が『聖飢魔Ⅱ?誰だよw。デーモン閣下10万55歳とか知らないし』とか言っちゃうんですよ。いやお前絶対、聖飢魔Ⅱ好きだろ。

ちなみに尊敬するタイプがもう1つあります。
大体歌う順番って時計回り、又は逆時計回りじゃないですか。
それで1曲入れ終わったら隣にリモコンを渡すのって、僕らのこの町がまだジャングルだった頃から変わらない流れなんですよね。
この流れはきっと、同じ金額を払っているのだからみんな平等に同じぐらいの曲数を歌うべき、との先人の教えなんですよ。

そんな先人のありがたい教えを平気な顔をして破る奴がいるんですよね。
リモコンが回ってきたら何曲もいれるヤツ。しかももっとひどい奴になると順番とか関係なく入れるヤツ。
もうね。陰キャラの僕からしたら凄いヤツなんですよね。『ルール?ばかやろう俺がルールだ』みたいな考えを持てるなんて僕には無理です。

 

あの気まずい瞬間は突然やってくる

 

徐々に自分の番が近づいてくると、ドキドキが激しくなっていきますよね。
でも今回の僕は大丈夫。脱陰キャラ計画の為に「紅」を猛特訓したし、YOSHIKIのモノマネのネタも用意しています。トイレットペーパーを首にグルグル巻きにして「コルセットォ!!これコルセットォォ!!」って叫びながらドラムを叩くマネをするモノマネです。
思ってたより気持ち悪いネタだと今気づきました。

心臓が話しかけてくる

YOSHIKIネタの事なども考えていたら、気づいたら次は自分の番です。
ドキドキと心臓が多くの血を運んで僕のテンションを上げてくれます。
心臓から『お前のぶっ飛んだシャウトで俺をheavenに連れてってくれ』と言われているような気がしたので『お前がイクときは俺も一緒だ』って答えてやりましたよ。

テンションは最高潮で準備完ぺき

テンション最高潮コンデイション最高な状態で、隣の人が歌い終わるのを待っていたら1人のスマホが鳴り通話する為に部屋を出て行きました。
続けざまにトイレの為にまた1人席を立ち、ドリンクバーの為にまた1人席を立ち、部屋に残っているのは僕と歌っている人間2人だけとなったんです。
その彼も歌が終わったらドリンクを取りに出てしまい僕は部屋で1人。気まずい瞬間の始まりですよ。

クッッソ。
登校時もぼっち、昼休みもぼっち、体育の2人1組のペア作りも偶数いるハズなのに何故かぼっち。ココでもぼっちかコノヤロウ。
昔のイヤな思い出が頭をよぎりましたが『大丈夫。紅の始まりはバラード調な英語歌詞が続く。』『シャウト箇所までにドリンクを取りに行ったヤツらがスグに戻ってくるさ』このように自分に言い聞かせ、通路に目をやるとドリンクを取りに行った奴らがドリンクバー前で立ち話をしてるじゃないですか。

ココでまさかの店員が登場

曲も始まり、英語歌詞を誰も居ない部屋で歌ってるんですよ。
でさ。そんな時に限って店員が料理を運んでくるのさ。
いやいやいや、1人で歌ってる時に店員が来るって日本語歌詞でもキツイのに英語歌詞ですよ。
でもこんな事で負けてたら脱陰キャラなんてできやしない。ココが踏ん張りどころだ。腹から声だして『紅だ』って言ってやるさ、できる俺ならできる。
ないだああ….
ええ。本当にこんな感じに、徐々に声のトーンが落ちていきました。
コレ一番恥ずかしいパターンですよ。最後の『だあぁ』の部分なんて『モゴモゴ』言ってましたからね。
店員の笑いをこらえて震える手を一生忘れない。

恥ずかしくて最後までノリ切れない中途半端なヤツですよ僕は。
だって根が陰キャラですから。

 

最後に

 

愛のない一人舞台もう耐えきれない

 

ブログランキング・にほんブログ村へ       
↑2つのバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です