東京荻窪カプセルホテルは家庭を持つ男の逃げ場所。安心お宿レビュー

東京荻窪カプセルホテルは家庭を持つ男の逃げ場所。安心お宿レビュー

ヨノモ!!
Twitter@yonoomo

毎日朝早くに起きて、行きたくもない会社に行き、帰宅後は子供の世話をして、自分の食事・皿洗い・風呂を終わらせる。

やっと自由時間と思い、時計を見ると22時で少ししたら寝る時間

もうね、尾崎豊じゃなくても盗んだバイクで走り出したくなる。

ただ、僕は既にいいオッサン。
盗んだバイクで走り出したら大問題だし、「夢見てるあの娘の家の横を サヨナラつぶやき走り抜ける」とかしたら普通に気持ち悪い。

なので、この当たり所のない、モヤモヤや疲れを1人外泊で解消している。

もうね、家庭を持っている疲れているお父さん達に言いたい。1人外泊はストレス解消に凄く良い。

また、その1人外泊での満足度を底上げしてくれた「荻窪のカプセルホテル」が凄く良かったこと。

今回の記事は写真を大量に使用して「荻窪カプセルホテル」を紹介レビューする。わざわざ荻窪まで行ってもいいぐらい、満足度の高いホテルだった。

 

安心お宿プレミア荻窪店
豪華カプセルホテル


まずは「安心お宿プレミア荻窪店」の概要を簡単に紹介。※以下、荻窪カプセルホテル

男性専用カプセルホテル

男性専用カプセルなので当然男性客しかいない

普段なら女性がいるから失礼のないように気を使うが、男性だけなので余計な気遣いの必要がなく疲れない。

廊下で前を歩くオッサンが歩きながら「プップップッ」と屁をしていたが、気持ちもケツ筋も緩んでいる証拠だ。

宿泊料金 スタンダードプラン

【朝食カレー食べ放題付き!】デラックスルームプラン【最長24HOK!】男性専用
一泊4,980円~

上記にデラックスルームと記載されているが、コレがスタンダードプラン

上位プランはお酒が付いていたり、テレビが40インチに変更される程度なので、こだわりが無いなら上記スタンダードプランで十分

てか、カプセルホテル内で40インチのテレビを見るとか逆に罰ゲーム感があるケドね。

アクセス地図・住所

〒167-0043
東京都杉並区上荻1-11-2

ホテル自体が駅近くなので、周辺はコンビニ・スーパー・飲み屋など何でも揃っている。

ホテル隣には神社もあるから、何ならフラッと懺悔(ざんげ)にも行ける。

電話番号

0120-083-926
又は
03-6866-0047

ホテル内は南国風



ホテルの造りは南国をイメージしており、壁に所々レリーフが装飾されている。

全体的に落ち着いた色を使用しており、木目を基調とした造り。照明も暗めに設定しているので落ち着く

凝った造りのおかげで、インドネシアのバリ島にいると錯覚するほど。ごめん少し言い過ぎた。間違いなくココは、狂った街東京の荻窪でバリ島ではない。

そんな南国達を紹介

階段壁にアジアン写真




階段には写真が飾ってあり、それが南国ムードを高めている。

ハンギングチェアに癒される


吊り下げ式の椅子が、ゆらゆら揺れて癒しを与えてくれる。しかもエッグ型なので、座れば自分だけの空間となる。

カプセルホテルまできて、エッグ型ハンギングチェアに癒されるとか、どんだけ自分の殻に閉じこもりたいんだと自問自答する。

カプセル個室内


ココからはカプセルホテル個室内について。

1人の空間を楽しみたい人には、個室内を快適に過ごせるかで満足度も変わってくる。

寝床・個室内は広々


画像は個室内壁に寄り掛かり、足元側を取った写真

横1m・高さ1m・奥行き2mと、個室内が広いことを売りにしているダケあって本当に広い。

壁に寄りかかって座る分には、天井の窮屈感を感じることなく広々と使用ができる。

テレビ(HDMI端子あり)が可動式


アームとテレビが連結しているので、テレビの方向を自由に変えられる。

テレビにはHDMI端子が付いており、ケーブルを持参すればPCと繋げてモニター化できるのも嬉しい。

寝具がシモンズ社製マット


シモンズ社製マットを全室設置している部分も売りにしている。

もうね、なんて言うか。
シモンズ社マットとか、正直知らないし初めて聞いた

完全に自分の知識不足ではあるが、読んでくれるアナタに対して『良く分からない☆テヘペロ』で終らす訳にはいかない。

なので適当にそれっぽい事を書いてみる。
~~~
シモンズがとても良かった。
中国4,000年の歴史が詰まっていて、平安時代の小野小町が『シモンズ、マジやべーはコレ』と発言しただけある良品。

ちなみに、ダチョウ倶楽部のメンバー「寺門ジモン」とは名前が似ているが全くの無関係。もう一度言おう「寺門ジモン」と「シモンズ社」は全くの無関係である。
~~~

 

設備・設置物が充実している


カプセルホテルは個室が狭いため最低限なモノしか設置できない。その分、設備・サービスに力を入れている所が多い。

逆に言えば設備・サービスが弱いと面白味のない場所となり、お父さんのオアシスとしては不合格だ。

その点では、荻窪カプセルホテルはお父さんのオアシスとして合格だ。

居心地が良すぎて、住民票を荻窪カプセルホテルに移そうか悩むレベルだ。そんな良かった設備や設置物を紹介。

ラウンジバーがカッコいい




カウンターはバースタイルで雰囲気が良く、酒の種類も多い。

テーブル席には仕切りが設置されているので、混んできても独り空間を害することなく楽しめる。また深酒をしたとしても、30秒で寝床に就けるので気兼ねなく飲める。

例え、ラピュタのドーラおばさんに『40秒で寝床に就きな』と言われても余裕で就けるし、何なら残りの10秒で歯も磨ける。

マッサージチェア利用も無料


お父さんの味方マッサージチェアもラウンジバーにて無料で使い放題

子供からプレゼントされた肩たたき券がもったいなくて、使用できないお父さんは是非ココで体をほぐして欲しい

マンガと雑誌が読み放題


スラムダンク・ジョジョ・ダイの大冒険などなど、有名どころの漫画がバッチリ揃っている。

家庭や労働を忘れ、リラックスしてマンガを選んでいると急に視界に入る「サラリーマン金太郎」と「働きマン」

もうね、このタイトルをチョイスした店員さんを小一時間問い詰めたい。

サービスが充実している


続いてはサービス面で良い点を紹介

支払った金額以上の価値があると思えるほど、付加価値を付けてくれるサービスが多かった。

タブレット貸し出し&映画見放題


タブレットとHDMIケーブル(片側タイプD)を無料で借りられる。

そのタブレット上なら雑誌や映画などを無料で閲覧でき、テレビに繋げば大画面表示させることも可能

銭湯入浴タトゥーOK


僕はタトゥーが入っているため、普段銭湯には行けない。荻窪カプセルホテルはタトゥーがあっても入浴OKなので、気兼ねなく入れたのは嬉しかった。

入浴中は僕以外にタトゥーが入っていた客が1人いたが、当然他客とトラブルを起こすことなく、譲り合って利用していた。

アメニティ関係が充実



アメニティが凄く充実している。

風呂場でシャンプー・リンス類が揃っているのは当たり前で、洗面所には髭剃り・歯磨きセット・化粧水・ジェルワックス・寝ぐせ直しウォーターなどなど。

紹介しきれないほど、アメニティ類が揃っている。

極めつけは育毛トニックまでもある。
育毛トニックまで揃える必要あったの?と思わせてくれるほどの充実感

朝食カレーが食べ放題




地味に嬉しい、朝食カレーが食べ放題。厳密に言うとカレー以外も食べ放題&ドリンク24時間飲み放題

セルフで取りに行くスタイルだが、画像に写っているモノはすべて食べ放題である。3枚目の画像は味噌汁サーバーで具も入れ放題

1つ残念なのは公式サイトに掲載されているカレーほどの具は入っていなかったこと。それ以上に他オカズが充実していたので十分満足はできた。

最大24時間滞在が可能

ココですよ奥さん。
荻窪カプセルホテルを選ぶ最大のメリットは、15時にチェックインすれば15時のチェックアウトまで、24時間滞在することが可能

滞在中の24時間は何もかもから解放されることが約束された、安息の地となる訳だ。また、紹介した通り施設内は客を飽きさせない設備やサービスが満載なので、暇になることはない。

残念なNGダメポイント


どんな良いホテルでもダメポイントがあるもの。荻窪カプセルホテルも当然ダメポイントがあるのでソコも紹介

ただ、完全に個人的意見なので参考程度にして欲しい。

アダルトが閲覧可能


無料で借りられるタブレットで映画鑑賞ができると伝えたが、実はアダルトも閲覧することができる。

いやいやいや、僕も男ですからね。
そりゃ、性欲に負けて怪しいサイトの動画再生ボタンを連打して、99,800円を請求された経験も7回や8回ぐらいはある。なので、アダルトを否定している訳ではない。

ただ、個室でアダルトを閲覧できる以上、独り行為をした人がいる可能性がある訳で、ソレを考えると少しイヤじゃない?

カプセルホテルの狭い個室なので、横になってる方向も姿勢も位置も一緒ですからね。

自分が今、横になっている場所ピンポイントで行為をした人がいることを考えると、自分が出した訳でもないのに賢者タイムに突入してしまう。

まぁ、酒飲んだらそんなこと2秒で気にしなくなるケドね

Wi-Fiが頻繁に途切れる

借りていたタブレット側の問題なのか、Wi-Fi側の問題なのかは不明だが、通信が頻繁に途切れて使えたモノではない。

こんな通信状態でアダルトな動画を閲覧していた人は、丸出しで待っている訳だから確実に風邪を引いているね。

1人になりたい父の避難所

色々と書いたが、会社や家庭に疲れたお父さんの疲れを癒す場所として、荻窪カプセルホテルはオススメ

疲れたらココにきて、独り何も考えず好きなことダケをして過ごす。自由に羽を伸ばして、明日また家族のために頑張って欲しい。

家庭を持つ男には逃げる場所が必要だ