サザエさん症候群ブルーマンデーの威力は?曲を10時間聴いてみた

サザエさん症候群ブルーマンデーの威力は?曲を10時間聴いてみた

ヨノモ!!
Twitter@yonoomo

アナタは「サザエさん症候群」の言葉を知っていますか。

昔からある有名な話で、夕方に始まるアニメサザエさんのオープニング曲またはエンディング曲を聴くと、日曜日(休日)がもう少しで終わる事に気づかされるため、体調不良や鬱症状になると言われています。

翌日月曜日の事を考え出して、気分が落ち込むって事です。

正直サザエさん関係なく、日曜日夕方はだいたい気分最悪なんですけどね。コレを言ったら元も子もないので、読んでいるアナタは見なかった事にしてくださいね。

そこで今回の記事では「サザエさん症候群」の威力がどれほどなのかをアナタにお伝えします。

威力を図る方法はサザエさんの曲をひたすらリピートして、「いつもの日曜日」と「ひたすら聞いた日曜日」を比較して、どちらが鬱だったかを検証します。

「サザエさん症候群」関係なくサザエさんの曲をひたすら聞くとか、既に気が狂いそうですが威力を知るためにもココは頑張っていきます。

ルールは簡単
日曜日13時からサザエさんの曲を再生スタートして、就寝のタイミングで音楽視聴をストップ。就寝までの間は音楽を止める事なく流し続け、聞こえる範囲にいる必要がある。

 

CDサザエさん音楽大全借りる


この検証をする上で必要なものはサザエさんの曲です。繰り返して聞くのにYouTubeでは操作性が悪すぎますので、「サザエさん音楽大全」のCDをレンタルしました。

この実験がなければ「一生借りる事がなかっただろうCD」ランキング上位に食い込むほどの一品ですよ。

収録曲がブッ飛んでいる



せっかくレンタルをしたので収録全57曲すべてを聴きたくて、音楽プレーヤーに取り込んで通勤中の電車内ですべて聴きましたよ。ええ、とてもファンキーでブッ飛んでいました。

『国民的アニメの音楽CDがファンキーでブッ飛んでいる訳ないだろ。適当な事を言うな』と思っているでしょ?違うんですよ、僕も当初は歴史ある名曲を聴いている気持ちでいたんですよ。

上に曲目リスト画像がありますよね。アナタも自分が聴いているつもりで、曲目を上から1つずつ追ってみてください。

1曲目はアニメのオープニングにもなっている名曲「サザエさん」から始まり、2曲~7曲目は作中内で流れるほのぼのBGMへと進み、8曲目急に訪れる「タマの鳴き声(ノーマル)」

もうね。「タマの鳴き声」ですよ。しかも「タマの鳴き声」と言うぐらいだから、再生時間5秒ですからね。

腹を抱えて笑いそうになりましたが僕も34歳のいい大人ですから、ソコは電車内なのでグッと我慢します。

その後も他曲を挟みつつ、タマの鳴き声別バージョン「タマの鳴き声(どうして?)」「タマの鳴き声(甘え声)」「タマの鳴き声(開けてよ)」などが続きます。

制作者側が狙っているとしか思えない収録内容にも何とか耐えましたよ。

常識ある大人として電車内は静かでいるべきと再認識したと同時に、笑わずに耐えられた自分を褒めながら聴き進んでいくと「タマの鳴き声(開けてよ)」の数曲後、急に訪れる「タラちゃんの足音A」

『ぽよんぷしゅ』再生時間5秒。

もうね。腰から砕け落ちましたよ。電車内で声にならない声で『ひーひー』言いながら腰から砕け落ちましたよ。

しかも、体調不良だと思って席を譲ってくれた方に対して、『違うんですタラちゃんがタラちゃんがー』と言ってマジで危ないヤツと思われてしまう始末。

アイツの足音は人間の足音ではない。

 

検証実験開始


電車の中で大失態をさらしましたが、全曲聴く事ができましたので、検証実験へと移ります。

「サザエさん症候群」はオープニング曲に不安を感じるとか、エンディング曲が流れると吐き気が止まらないとか、色々と言われています。

なので、今回の実験ではオープニング曲「サザエさん」・エンディング曲「サザエさん一家」の両方を聴く、鬱欲張りセットで検証していきます。

検証開始は13時スタートで、就寝のタイミングでストップです。時系列で記載していきますね。

開始2時間経過 ~15時

サザエさんの軽快なリズムと歌詞のおかげで、聴いていて心が弾む。

音楽とは素晴らしいモノだと再認識し、このまま何事も無く、気分よく終わってしまう可能性がある事に焦りを感じる。ただ音楽が全ての不安を拭ってくれる。

ノーサザエノーライフ状態になる。

開始4時間経過 ~17時

軽快なリズムと底抜けに明るい歌詞にイライラする。それに加え何度もリピートしているため、歌詞をほぼ完ぺきに覚えてしまう。

また、歌詞を覚えたことにより、歌詞内容を理解する事ができ余計な疑問も生まれてしまう。

例えばオープニング曲「サザエさん」冒頭の歌詞で『お魚くわえたドラ猫、追っかけて、素足でかけてく陽気なサザエさん』とある。

もしドラ猫に追いついて、くわえたお魚を取り返したとしたら、サザエさんはソレを再度料理に使うつもりなのだろうか。もしその魚を使うつもりなら「おっちょこちょい」レベルの話ではない。

いろいろと余計な考えが派生していき、サザエさんに対して疑心暗鬼になってしまう。

開始6時間経過 ~19時

今回の検証で100回以上は聴いたであろうサザエさんテーマ曲

もう聞きたくない。心の底から聞きたくないと思っていたら、妻が夕飯の買い出しから戻ってきた。本日の夕飯は刺身。魚は「カツオ」「イクラ」「タイ」ツマとして「ワカメ」

完全に嫌がらせである。

ちなみに鬱の気持ちはなく、単純に100回以上同じ曲を聴いているのが苦痛になってきている。また、刺身の写真を撮り忘れた事に激しく後悔する。

開始8時間経過 ~21時

まさかの状況となった。8時間も聴いているとサザエさんの曲が一周回って楽しくなってくる。

オープニング曲「サザエさん」の歌詞で、財布を忘れたサザエさんに対して『みんなが笑ってる 子犬も笑ってる』とある。サザエさんが子犬にすらバカにされている事に気づき、10分ほど腹を抱えて笑い出す。

そのおかげで気持ちはハッピーになり、やはり音楽の力は凄いと再認識する。

ノーサザエノーライフ再起動

開始10時間経過 ~23時

10時間目ともなると、サザエさんの曲が全く気にならなくなり、頭に入らなくなってくる。例えるなら風の音のようなもので、聞こえてはいるが脳がソコに意味を持たす気がないのだ。

そのため、これ以上の変化は望めないと感じ音楽をストップして就寝する。ココで検証実験は終了。

ココで問題が発生する。目をつぶるとサザエさんの顔が浮かぶのである。

言ってしまえば10時間共にした戦友。別れを惜しむ気持ちも分かるが、あのイラッとするサザエスマイルが浮かぶのだから、やってられない。

結局寝付くまでに「カツオ君」「タラちゃん」「ワカメちゃん」と家族総出で出演してくれる大サービス。

 

検証実験結果


・サザエさん関係なく、結局日曜日夕方は大体鬱

・10時間聴くとサザエさんが脳裏からマジで離れない
・刺身が美味しかった

アフィリエイト

「サザエさん音楽大全」に興味を持ったなら是非とも購入なども検討してみてください。

ただし、電車内で聴くのは本当に厳禁ですよ。完全に僕の二の舞になりますからね。