東京駅100円有料トイレは外観カッコいいのに内部は普通&普通

東京駅100円有料トイレは外観カッコいいのに内部は普通&普通

ヨノモ!!
Twitter@yonoomo

職場では1人で社食を食べ、1人で黙々と仕事をして、1日誰とも会話しないで仕事が終わることが多い。

そんな陰キャラな僕が社内で世間話をしている人達の会話を耳にします。『知ってた?東京駅に有料トイレがあるんだって』

もうね、この豊かな国日本でまさかの有料トイレですから衝撃ですよ。

コンビニに行けばトイレを借りられて、公園に行けば公衆トイレもある、そんな状況で有料トイレとは恐らくメッチャ高級志向なんでしょうね。

きっとトイレットペーパーは鼻セレブで、トイレコンシェルジュが滞在していて、呼べばお尻の形や筋肉量などを瞬時に判断し、絶妙な力加減で拭いてくれるんですよ。

しかもエアコンのような機械的な風は流れていません。宮殿内で王様の横で大きな葉で扇いでいる使用人的な人が、個室トイレ1つに付き1人待機している訳ですよ。

そんなトイレで用を足してみたいと思い、有料トイレに行ってきました。

 

有給取得してトイレへ

ええ、トイレに行くのにワザワザ有給を取って行きましたよ。理由は東京駅に行く時間を作る必要があったから。

新社会人のときに、まさかトイレに行くために有給を使うとは思いもしませんでしたケドね。

有給申請時も取得理由の記入欄に正直と「トイレに行くから」と記入したケド、処理・対応した総務部はパニックに陥ったことでしょう。

ただ、有給を取ったおかげで昼間に行け、人通りが少ない時間帯でじっくり見られましたよ。

まさかの改札外

もうね、有料トイレのある場所が改札外とか大誤算ですよ。皆さんご存知の通り電車賃って意外とするじゃないですか。

なので、東京駅でチョロと降りて、有料トイレでチョロと出して、秋葉原で下車しメイド喫茶でチョロと美味しい魔法をかけてもらおうと思っていたんです。

そしたら有料トイレが改札外にあることが判明し、たどり着くには運賃精算をする必要があったので渋々清算し改札を出ます。

トイレに行くために、有給を使って・電車賃もかけて・そもそもトイレも有料とか、やっている行動はドバイの貴族ですからね。

ドバイの貴族が有給を使うシーンとか想像つかないケドさ。

目的地はキッチンストリート

画像は東京駅改札外の地図
緑丸したのが有料トイレで、設置されているキッチンストリートエリアが目的地。

赤丸を見て分かるように途中いくつものトイレを通ります。改札内も加えたら相当数のトイレとすれ違っていますが、コレがまさにトラップですよ。

有料トイレに向かう途中に尿意を感じたから、いつものクセで目に映ったトイレに入り用を足す。もうね、大失敗ですよ。

「このようなトラップに引っかかるようでは、有料トイレを使用するにはまだ早い」と東京に言われている気がします。

『クッ、さすが狂った街東京だぜ』と打ち震えながら、用を足す用事すらなくなったのに、有料トイレへ向かうのです。

期待度が上がる

近付くにつれて地図も詳細図へと変わり、有料トイレの文字も大きくなったことで、スグ近くまで来たことが分かります。

もうすぐ噂のトイレにたどり着くと思うと胸も高鳴り、この感情の高ぶりは中学生時代の初デートを思い出させてくれます。

待ち合わせに向かうときのドキドキ感、学校以外で会うことへの新鮮さ、そして学校とは違う雰囲気の女子にドキッとする。

そんな青春時代の記憶がよみがえります。ただ、中学生時代と違う部分としては、ドキドキさせている対象がトイレってところね。

有料トイレの外観

胸をドキドキしながら向かった有料トイレは、とてもトイレとは思えない堂々としたたたずまい。

それを見て興奮は絶好調で「ドキドキ」から「ハァハァ」へと変化してきます。

35歳オッサンがトイレ前で「ハァハァ(*´Д`)」している訳ですからね。危なすぎますよ。今、警察から職務質問を受けたら、正直に説明すればするほど怪しさしか生みません。

待機所がある

きたよコレ。まさかのトイレ前に待機所。

そう、コンシェルジュがいる可能性があり、お尻を拭いてもらえる可能性もコレでほぼ100%。

期待に胸を膨らませてコンシェルジュを待ちますが、一向に現れる気配がありません。調べてみると現在使われていないらしく、トイレ専属コンシェルジュ的な人もいないようです。

セキュリティ

トイレ入口とは思えないぐらいの設置機器たち。

そこに表示されている100円の文字と投入口。トイレなのに何故かカッコ良く感じてしまいます。

 

有料トイレの中


トイレの外観にやられてテンションMAX状態。

「ドキドキ」から「ハァハァ」へと変化し、今や「クラクラ」していますから。動悸息切れ状態ですからね。救心をひと瓶飲み干したいレベルですよ。

そんな状態で内部へと進みます。

普通&普通





入った瞬間に感じる普通感

ウォシュレット付き便器があり便座除菌クリーナがありハンドドライヤーもある、本当に普通のトイレです。

当然大きな葉で扇ぐ人も居なければ、トイレットペーパーも鼻セレブではありません。良くてエリエールです。

壁タイルが実家の風呂場


更に普通感を演出してくれたのがこの壁タイル。

もうね、僕の実家である団地の風呂場で使用されているタイルと似ていて、実家で暮らしていたときの記憶も甦ります。

なぜ、母ちゃんは朝7時に起こしてと頼むと6時50分ぐらいに起こしてくるのか。そしてなぜ『もう7時過ぎたわよ』とウソを言ってくるのか。

有料理由は飲食店舗用


普通&普通過ぎて失望してしまったので、なぜ普通トイレが有料なのかも調べてみました。

その理由とは、
キッチンストリート飲食店舗の利用客へサービスとして、快適なトイレを提供するためとのこと。

食事した客にはメダルを渡し、そのメダルで開錠し使用してもらうことを目的としているが、トイレだけ利用したい人のニーズに合わせて100円でも利用可能にした。

近くに無料トイレがある




有料トイレから歩いてスグのところ、時間で言ったら30~40秒ぐらいのところに無料トイレがあります。

写真で分かるように無料トイレの方がキレイってね。

最後に

中学生の自分が、トイレにドキドキしている今の自分を見て許してくれるのだろうか。大丈夫、きっと水に流してくれるだろう。トイレだけに