毎日行く店で店員に話掛けられた時のココにはもう行けない感と絶望感

毎日行く店で店員に話掛けられた時のココにはもう行けない感と絶望感

ヨノモ!!
Twitter@yonoomo

毎朝何気なく入る蕎麦屋
特別旨い訳でも安い訳でもなく、会社から近いといった理由からほぼ毎日通っている。ある日突然、亭主からサービスと称して蕎麦にかき揚げを乗せられる。

今や星の数ほどあるコンビニ
店舗数がある分、特定な店にこだわる必要もないが、店内が広かったり明るかったり、寄りやすかったりして毎日利用している店舗

ある日突然、コンビニ店員の掛け声が『ありがとうございます』から『いつもありがとうございます』へと変わる。又は『これから仕事?』と話しかけてくる感じの良いおっちゃん店員

もうね、切に思う。
止めてくれ。

今回の記事はアナタもきっと共感してくれる。
店員が話しかけてきたときの「絶望感」と「もうこの店には行けない感」を記事にした。

 

その気持ちが重い


このブログで何度も話に出していますが、僕は陰キャラな訳ですよ。

基本的に普段から空気に徹している訳で、事なかれ主義で誰と会話しても一言目には『あっスミマセン』ですからね。『行けたら行く』『検討します』のセリフを日本一愛している男でもある。

そんな男に対して、店員たちは良かれと思ってサービスや笑顔をくれるが、その気持ちが重いんじゃ。

いやいや、ありがたいんだよ。人との繋がりに喜びを感じる瞬間でもあるし。でも、コチラは出勤前で人と関わりを持たなくて済む、残り少ない至福の時間や場所を噛みしめたい訳さ。

ソレをサービスで蕎麦にかき揚げを乗せられたら、綾波レイじゃなくても「こういう時どんな顔すれば良いか分からない」だ。

『笑えばいいと思うよ』って?
陰キャラだから想定外のことが起きると顔が引きつるんよ。

店員のテンション高さが辛い


話しかけられてイヤな気持ちになるもう1つの理由。それは、店員が朝から元気過ぎること。

こちらと前日夜に、隕石が地球に落ちて『自分の会社の、自分の部署の、自分の机をピンポイントに破壊して』と星に願いを掛けたのに叶わず、嫌々出勤している訳だ。

だから朝は店員とテンションの温度差が、追い炊きしたお風呂の湯を混ぜる前の上下ぐらいあるのだ。下とか冷えっ冷えだからね。

そもそも僕は朝ローテンションで始まり、夕方ローテンションで終わる。テンションが常に低いから、社内裏で付いたあだ名は「あのビジュアル系」

会議で珍しく発言しようものなら「あのビジュアル系、何かキメてるな」とヒソヒソ言われるぐらい。

そのぐらいテンション差があるので、朝から店員対応が余計に辛い。

もう行けないから店を変える


理由があって行きつけとなっている店だから、ソコに行けなくなると大きな痛手。でも店員に話しかけられたら、その店にはもう行けない。

何故その店に行けないか。
次もその店員に話しかけられる可能性の懸念もあるが、それ以上に「自分から何か話しかけなければ」と思ってしまうからだ。

そりゃさ、『ちんちん\(^o^)/』と言ったら
『ちんちん(^ω^)』と返してくれるなら全く問題はないが、相手は大人だからそんな返しは言わない。

そのため大人の会話をする必要があるのだが、朝からそんな頭は持ち合わせていない。頭フル回転させて大人ぶって発言できたとしても『お陰部\(^o^)/』ぐらいしか言えない。

今後店に行くたび、気力が消耗され続けることを考えると店を変えるしかないのだ。

会話する行為は好きだが苦手


色々と書いたが、人と会話すること自体は好きなのだ。ただ苦手なだけで。

だから店員さんにお願いをしたい。
もし、話し掛けて頂けるなら『1週間後に○○と話し掛けるね』と事前に伝えて欲しい。

そしたら1週間かけて返答内容を考えるし、場合によってはAmazonで「大人の会話ネタ」的な本を購入する。当日は会話ネタを箇条書きにしてA3プリントしたモノを持参して挑むから。

うそです。
きっと当日はプレッシャーに耐えきれず、逃げるようにして他店舗を利用します。