タトゥーを入れたい?それなら入れれば良いよメリットはほぼないケドね

真面目な話
真面目な話
この記事は約7分で読めます。

ヨノモ!!
Twitter@yonoomo

タトゥーを入れるかどうするか悩んでいる方、結構多いですよね。世間の目も決していいモノでもないですし、一生ものなので悩む気持ちは凄く分かります。

僕は右腕に大き目なタトゥーが入っています。これは18歳の頃に入れたもので16年経っています。タトゥーを入れてから16年間生活して感じたメリットとデメリットを記載しますので、悩んでいるアナタは参考にしてくださいね。

でも先に伝えますがタトゥーなんて、ほぼデメリットしかないですよ。まともなメリットなんて1~2個しかないですからね。

 

タトゥーデメリット

年齢の若いアナタがタトゥーを検討しているなら気を付けてくださいね。

若いころは「行動範囲の狭さ」や「責任の無さ」でタトゥーのデメリットを想像しにくいんですよ。年齢を重ねるたびにデメリットを感じるようになるんですよね。

結婚や子供の行事、日常的なデメリットとさまざまですのでココで紹介しますね。

同類に絡まれる

若い頃に多いデメリットです。
海やBBQなど肌(タトゥー)を出すことが多い場所で、こちら側もタトゥーを入れている集団・相手側も同様にタトゥーを入れている集団だった場合、酒も入っていますので高い確率でトラブルに発展します。

もうね、このブログで何度も伝えていますが僕は陰キャラなんですよ。だから暴力とか揉め事とかが嫌いなんで、揉め事がおきた場合は止めに入るタイプなんですよね。

グループ同士の揉め事って大体グループに1人は止めに入るタイプのヤツが居るじゃないですか。あるときのトラブルで相手グループの1人と一緒に周りを止めていたんですが、気づいたら止めに入っていたソイツもキレだして、結局揉め事の中心人物になったりするんですよ。

30秒前まで僕と『ほんとごめんな』とか会話していたじゃん。今じゃ僕に対して『どけやモヤシ野郎』とか言ってくるんですよ。

止めに入ったヤツが切れ出す揉め事あるあるだわ本当。

銭湯やジムに入れない

日常生活に直結するデメリットですよね。

銭湯
なんて頻繁に行かないし、と思っているソコのアナタ。銭湯に入れないのは地味に不便ですよ。

例えば家の風呂が壊れた場合、直るまでの数日間は銭湯に行く必要が出てきますよね。そんなとき入店できず数日間体を洗えないとかキツいですよ。

夢や目標ができたとき

例えばアナタが役者を目指したくなったら。
タトゥーなんて入っていたら演じられる役が狭まりますよね。才能が認められれば認められるほど、タトゥーがネックになります。

また、警察官や教師を目指したくなったときにタトゥーが原因で問題が起きる場合もあるんですよ。

そう。タトゥーはアナタの目標や夢を邪魔する可能性があります。

私服着用の職場は困る

最近は私服勤務OKな会社が増えてきたと思います。

アナタも将来、どのような会社に入社・転職するかなんて分からないですよね。もし私服勤務の会社に入社したら夏場は大変な思いをしますよ。どんなに気温が高くても半袖のTシャツを着ることができませんし、着る服は厚手のモノを選択する必要が出てきます。

会社BBQなんてあった日には地獄ですよ。
水などで透ける可能性があるから厚手の服を着るんですが、直射日光と炎の熱に加え、厚手の服が良い感じに保温をしてくれるので、意識がもうろうとしてくるんですよ。

そのせいで「阿佐ヶ谷姉妹」が「広末涼子」に見えてきて、ちょっと良いかもとか思っちゃいますからね。

アレ?「阿佐ヶ谷姉妹」と「広末涼子」今、見比べてみたケドちょっと似てない?

義両親への挨拶

結婚の挨拶をするとき、相手の実家が田舎であるほど、また良家であるほど、タトゥーのことで揉める可能性が高いです。

田舎に行けば行くほどタトゥーに対しての偏見や嫌悪感を抱く人が多い傾向にありますからね。

子供の行事関係

幼稚園・小学校の運動会やお祭りなど、子供関係のイベントは特に気を使います。自分のタトゥーが原因で子供同士の関係に影響を与えてしまう可能性がありますからね。

てか「タトゥー」って名称に悪いイメージが定着していると思うんですよね。呼び方も「タトゥー」ではなく「ミュウトゥー」とかに変えればポケモン感覚で親しみを持ってくれるのに。

 

タトゥーメリット

年齢が若ければ若いほど勘違いしたメリットがあります。まとものメリットなんて僅かしかありませんが、メリット自体は存在します。

勘違いメリットを含めて紹介していきますね。

同年代から一目置かれる

10代でタトゥーを入れた場合に感じられるメリットです。

年齢的に入れているヤツの方が少ないため、10代でタトゥーが入っていると同年代に一目置かれます。そのおかげで自分が強くなった気がしますが、本当に「気がする」だけで内面はなに1つ変わっていないですよね。

そう、タンクトップ着てタトゥーを出して、調子のって歩いていても。コンビニ前でヤンキー集団が溜まっていたら、コンビニを通過するまで用もないのにスマホを出していじったりするんですよ。

自分はヤンキーから目線をそらした訳ではなく、スマホを見ていたダケと言い聞かせて虚勢を張るんですよね。完全に僕の経験談ですが、こんな行動アナタもしたことあるでしょ?

人々の対応が違う

居酒屋・コンビニ店員の接客が凄く丁寧になります。また人によっては道をあけてくれます。

ただ、それはタトゥーが入っているヤツなんかと、関わりたくないダケなんですよね。そんなヤツ相手にするのが面倒なんですよ。

傷跡やアザを隠せる

人に見せたくない傷跡やアザがある人にとって、タトゥーはソレを隠すことができる手段です。

例えば「リストカット跡」や「生まれつきのアザ」など、タトゥーで隠すことによって人生が前向きになるならタトゥーは恥ずかしいことではないです。

「タトゥー 怪我隠し」と検索してみてください。素敵な優しい世界が広がっていますよ。

志を彫れる

知っての通り、タトゥーは自然には消えません。

その特性を利用して、自分の信じたモノを体に刻み、忘れないようにするのには良いですよね。自身の志や目標を彫ることで意識を高く行動することができますからね。

 

数年前、新宿駅南口で信号待ちをしていたときに外国人観光客がいたんですよ。その外国人の腕に日本語で「冷静と情熱の間」とタトゥーが入っていたんですよね。

微妙に漢字がオカシイので、恐らく自国で入れたタトゥーだと思いますが『クールでカッコいい意味の日本語を入れてくれ』みたいなことを言ったと思うんですよ。

文字だけ見れば確かにカッコいいんですケドよく考えると「冷静」と「情熱」の間って「普通」て意味ですからね。
だって冷静と情熱のなんだから。

タトゥー入れて9割後悔

東京イセアクリニックが「タトゥーに関するアンケート調査」をしました。

タトゥーを「入れて満足」と感じている人は9.1%、「入れて後悔」という人は90.9%との結果になったそうです。タトゥー除去を得意とするクリニックが出したアンケート結果なので鵜呑みにはできませんが、タトゥーを入れて後悔している人は実際多いですよね。

タトゥーを入れることで普通の人と違う自分になれます。でも「普通と違う」をカッコいいと感じるのは20代前半までで、それ以降は生活しづらさが上回るんですよね。

タトゥー賛成派

いろいろと書きましたが僕はタトゥー賛成派です。タトゥーの独特な絵柄も好きですし、彫るときの彫り師が集中している空気とかも好きです。

個人的な意見は「タトゥーを入れたければ入れればいい」です。でもね、タトゥーを入れる上で1番大切なことがあります。ソレは「デメリットを笑い飛ばせるか」です。

タトゥーを入れて「後悔する人」と「後悔しない人」の差ってココだと思うんですよね。ココで紹介したほとんどのデメリットは僕の実体験を書いていますが、実は僕自身ソコまでデメリットに感じていないんですよね。

アナタがもしタトゥーを入れるか悩んでいるなら、デメリットに遭遇したときに笑い飛ばせるか想像してみてください。そして笑い飛ばせると思えるなら、入れるのも良いと思います。アナタの人生なんだから好きに生きればいいさ。

最後に

もし隠しているタトゥーを誰かに見られて指摘されたら。『コレ?デザイン性の高いホクロだよ』と言えば相手も笑ってくれますよ。

 

コメント

  1. りる より:

    私は全然いいと思います!
    オシャレでかわいいし、
    キモオタや痴漢よけ、嫌な人避けになる。
    他人とちょっと違ってる、それでもイイよー!て人、
    いい人多くないですか?逆にそれで離れてく人って、かなり心狭くて、世間教のひとかな。
    自己主張もじっとしてる時より出来るようになりました!
    ぺこりゅうも大好き。私の好きなYouTuberさん結構いれてますね メイク系とか。大食いのロシアン佐藤ちゃんとか!
    キムタクもすき!
    シバターみたいな腐ってる系の人は論外で。
    入れずに過ごして、キョロキョロ生きても、仕方ありません。
    楽しんでください

    • より:

      いい人多くないですか?逆にそれで離れてく人って、かなり心狭くて、世間教のひとかな  


      心狭いって言いきれる根拠は?

  2. カタギ より:

    刺青okな銭湯結構ありまっせ^^
    県によるんかな?

    • tong より:

      僕の地区周辺ではタトゥーOKな銭湯は残念ながらないんですよ。
      でも、タトゥーOKな温泉検索サイトができたぐらい、最近はOKにしている場所も増えているみたいですね。

  3. やあ より:

    関係ない話ですが、”志を彫れる”に登場する外国人の入れ墨の元ネタは江國香織と辻仁成が書かれた『冷静と情熱のあいだ』か、それを元に竹野内豊主演の『冷静と情熱のあいだ』であると思われます。

  4. n より:

    タトゥー、入れたいけど親が猛反対😅
    タトゥーだけはやめてと全否定、
    服が大好きなので、ファッションに合うタトゥーを以前から入れたいと思っています
    あくまでもオシャレ目的です
    どう思いますか
    やはりやめて置いた方が無難なんですかね…

    • tong より:

      nさんコメントありがとうございます。ヨノオモ管理人です。

      責任は取れませんし、凄く無責任なことを言いますがタトゥーを入れれば良いと思います。

      nさんの人生です。
      やりたい事をするべきですよ。
      万が一後悔する時がきたならその時は目一杯に後悔すれば良いだけです。

      ただ、ご両親が反対されているのでしたら勝手に入れるのだけは止めた方が良いです。
      まずはご両親と話をして何故反対なのかを聞いてみてはいかがでしょうか。

      反対理由が偏見やイメージ(タトゥー = 不良など)によるものなら誤解を解いてあげてください。

      反対理由が実害(お父様の勤め先に影響するなど)が発生する内容なら気持ちを汲んでやめてあげてください。
      タトゥーなんてご両親を傷付けてまで入れるほどの価値はないです。

      1番ダメなのが話し合いの結果、互いの妥協点を取ったデザイン・大きさのタトゥーを入れる事です。

      妥協して入れるタトゥーは絶対後悔します。入れるなら自分がイメージしているタトゥーを、ソレができないなら入れない方が良いです。

      nさんのイメージ通りのタトゥーを入れられると良いですね。応援しています。

タイトルとURLをコピーしました